読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の恋愛パワースポットと縁結びにご利益があるお守りガイド

京都の恋愛パワースポットや縁結びにご利益があるお守りを紹介しています。京都には人気のある神社やお寺などのパワースポットが沢山ありますが、それぞれの神社やお寺にどのような由来があるかなどを改めてご紹介するとともに、恋愛運アップにおける人気のお守りなどもご紹介します。

楊貴妃観音は京都の縁結び寺・泉湧寺のパワースポット

良縁祈願や縁結び、美人祈願まで女性のお願いを叶えてくれることでは京都随一のパワースポット、泉涌寺に佇んでいる楊貴妃観音。

全国的にはあまり広く知られていませんが、良い人と出会えた、結婚できたと言う声も多い、知る人ぞ知る奇跡を起こす恋愛パワースポットです。

今回は、楊貴妃観音のご利益やお守りについて詳しくお伝えします。

御寺(みてら)泉涌寺(せんにゅうじ)

f:id:tabibito1515:20160330102953j:plain

天皇家からも篤く信仰されどことなく気品が漂う泉涌寺京都府京都市東山区に鎮座しています。

もともとは法輪寺と名づけられましたが、大伽藍の造営の頃、寺地の一角から清水が湧き出たことから「泉涌寺」と改められました。

このときの泉は今も沸き続けているそうです。

強力なパワースポットなのですが、あまり広く知られていないため、人の多い東山にありながらゆっくりできる場所です。

御寺と呼ばれ天皇家にゆかりのある泉涌寺は、華やかさはないものの凛とした美しさがあり自然と背筋が伸びるような雰囲気があります。

女性が叶えたい願いに効く、楊貴妃観音様

f:id:tabibito1515:20160330103120j:plain

大門を入って左手奥の堂内、六羅漢像の中央にひっそりと安置される楊貴妃観音。

実は1255年に中国から京都へと渡って来たものなのです。

そもそもは、玄宗皇帝が楊貴妃が亡くなってしまい、その冥福を祈願して造ったものと言い伝えられています。

そのため、とても美しいのです。

今までは100年に一度だけしか公開されていませんでした。

しかし、1955年からは一般公開されています。

あまり公開されていなかったため、渡来して750年以上たった今も美しく、穏やかなほほえみが伝わってきます。

楊貴妃観音は女性が叶えたい様々なお願いを叶えてくれることで有名です。

理想の相手に出会えていない方は良縁祈願、結ばれたい方に出会っている方は縁結び、美しくなりたい方は美人祈願、そのほかにも安産祈願など様々なお願いを効いてくれます。

実は、化粧品業界や芸能界など美に関わる業界の方の参拝も多いパワースポットです。

余談ですが、石田純一さんも良縁祈願を楊貴妃観音様にお願いし、東尾理子さんと出会ったそうです。

他にも幸せ報告が多く届く実力派パワースポットです。

有名な美人祈願お守り

f:id:tabibito1515:20160330103220j:plain

参拝者の多くが買って帰るお守り。

有名な美人祈願お守りや良縁守り、縁結び守りなど色々なお守りがあります。

特に人気なのは小さなお札タイプ。

かさばらず、財布やポーチのなかにも入れておくことができるのでいつも身につけておけるというのが魅力です。

美人祈願というと今でこそ「自分磨き」のイメージが強いかもしれませんが、古くは美人になって素敵な人と結ばれたいという女性の素直な想いが美人祈願とされていたのかもしれません。

泉涌寺は、紅葉が美しいお寺としても有名です。

京都へお越しの際は、ぜひ、美しい庭園で季節を感じ、良い縁結びのパワーをひきつけてください。